グッスミン酵母のちからは飲む時間が大事?

グッスミン酵母のちからは飲む時間が大事

清酒酵母の力で、睡眠をサポートしてくれる「グッスミン酵母のちから」は
飲む時間帯は決まっているのでしょうか。

 

様々な角度で検証してみましょう。

 

 

まずは、メーカーに聞いてみよう。

 

そうです。作った人に聞くのが一番早いです。
しかも、LIONという大手メーカーの事です。
さぞかし満足できる回答が効けるだろうと早速問い合わせをしました。

 

問合せ方法はお客様相談センターへフリーダイヤルをしました。

 

確認したのは、
・グッスミン酵母のちからはいつ飲むのが一番良いのでしょうかという事です。

 

この質問に対し
LIONのオペレーターさんは効果的な飲み方と言う認識で答えてくれました。

 

結論は
「食品ですから、毎日決まった時間で飲んでください。
飲む時間は指定していません。」でした。

 

何か質問の意図をあまり汲み取って頂けなかったような気がしましたが、
くじけず再度質問をしました。

 

質問は
・「良く眠る為には飲む時間を朝にしても夜にしても変わらないのですか?」
という物です。

 

それに対しての回答は
「効果はともかく、忘れないという観点で寝る前が良いでしょう。」
というものでした。

 

なにか消化不良のような感じです。

 

 

口コミを調べてみました

 

では実際にグッスミン酵母のちからを飲んでいる方は
飲む時間をどうしているのでしょうか?

 

・私は寝る前に飲んでいます。

 

・試しに寝る前に2粒

 

やはり、飲む時間を夜寝る前にしている方が多いようです。
睡眠の質ですからどうしてもそうなるのでしょうか。

 

とはいえ、これも今一つ決め手にかけます。

 

 

清酒酵母の実験的にはどうでしょう

 

全てにおいて手詰まりの状態ですが、
ここで、清酒酵母が睡眠の質を高めるのだという
検証実験の事を思い出しました。

 

その実験は12人の成人男子に1日1500mgの清酒酵母を
4日間食べさせた群と清酒酵母を与えなかった群の比較事件です。

 

結果、勿論清酒酵母を取った群が調質の
睡眠をあらわすデルタ波を多く出していたという結果です。

 

しかし、注目するべきは与えた時間です。

 

この実験では睡眠1時間前に清酒酵母を与えていたのです。

 

つまり、グッスミン酵母のチカラの効果は
寝る前1時間まえであれば間違いはないという事です。

 

 

まとめ

 

グッスミン酵母のちからを飲む時間は
いつ飲めば最も効果的なのかと言う事には
現段階では正解は無いようです。

 

毎日、忘れないで飲み続けるという事が基本です。

 

しかし、多くの方が寝る前に飲んでいるという事。
清酒酵母の実験では、寝る前1時間前に毎日清酒酵母を取り続けたという事。

 

これら、2つの事から夜寝る1時間前に取っておけば
間違いないというが言えます。