グッスミン酵母のちからの効果って本当にあるの?

グッスミン酵母のちからの効果って本当にあるの?

大手メーカLIONが開発した休息サプリメント
「グッスミン酵母のちから」の効果は本当にあるのでしょうか?

 

特に、睡眠の深さと言うあいまいなものだけに、
しっかりとした説明が欲しいところです。

 

 

コーヒーは何故、眠気防止をするの?

 

ところで、皆さんはコーヒーが眠気防止に効果があると聞いて
「そんなのデタラメだ!」と思いますか?

 

おそらく、多くの方が
「そんなの当たり前じゃない。だからどうしたの?」
と思いますよね。

 

実は、コーヒーが眠気防止になる原理は
グッスミン酵母のちからが眠気を誘う原理の
真逆のパターンなのです。

 

コーヒーの睡眠妨害物質は、ごぞんじカフェインです。

 

では、カフェインがどうやって眠気を防いでいるのかと言うと
脳内にあるアデノシンA2a受容体という物に蓋をしているのです。

 

 

アデノシンA2a働き

 

アデノシンA2a受容体はアデノシンと結合する事で
視床下部前部にある睡眠中枢を刺激します。

 

その結果、ヒスタミン系の覚醒中枢の活動を抑えて眠気を誘発します。

 

脳内のアデノシン受容体で睡眠に関係するのはA1とA2aです。
しかし、ラットの実験ではA1の働きを抑えても睡眠量は変わりませんでした。

 

この事からA2aの働きが睡眠により多く効果を出している事がわかります。

 

そして清酒酵母がこのアデノシンA2a受容体の働きを活性化させる事が
研究の結果わかったのです。

 

 

清酒酵母の効果はヒトで実証されたの?

 

現大阪大学の裏出教授らは12人の成人男性に対して清酒酵母を
1日1500mg合計4日間投与し効果を測りました。

 

結果、清酒酵母を与えられた群は、睡眠の質が良いことを示す
脳波のデルタ波が強くなっている事が確認されました。

 

また、血液検査により成長ホルモンが多く分泌されたことも
確認が取れています。

 

ここで、1日に1500mgの清酒酵母を取るというのは
通常の食事では非常に困難だという事です。

 

酒粕を大量に食べてもそんなにはとれません。

 

そこで、グッスミン酵母のちからは
取りずらい清酒酵母をサプリメントにしました。

 

 

まとめ

 

清酒酵母は自然にアデノシンA2a受容体を
活性化させる事で眠気を誘発します。

 

問題はそれが顕著になる清酒酵母の量を
普通の食事でとる事は、ほぼ不可能だという事です。

 

グッスミン酵母のちからはその問題を解決してくれ、
科学に実証された結一のサプリメントです。